風俗で働く女性が増えている理由

最近では風俗で働く女性が増えています。女性は風俗のどういう面で魅力を感じるのでしょうか? - なぜ女子大生は風俗で働くのか

なぜ女子大生は風俗で働くのか

なぜ女子大生は風俗で働くのか
近年風俗で働く女性が増えているといわれますが、その傾向は特に女子大生に多く見られるようです。
そして、その背景にあるのは経済的な問題が挙げられます。

お金を得るために

文部科学省の発表によると、大学や短大を中途退学した人の理由の1位は、退学者全体の約2割を占める「経済的な問題」だとされています。
ここ数年の長期に亘る不景気から、せっかく大学に入学しても学費を納めることができずに退学してしまうというわけです。
そして、そのような状況に到った学生が学費や生活費を稼ぐために風俗の仕事をアルバイトに選んでいるというのです。
しかし、キャバクラ嬢やホステスといった普通の水商売でもいいのでは?とも思いますが、今は不況の影響で高級クラブですら水商売の経営の難しい時代ですから学生のアルバイトではなかなか務まりません。
また勤務時間が深夜まで及ぶことや高い会話力が求められることなどによって、学生にはかなりハードルが高いといえるのです。
さらに、勉強をする時間を確保するためにはコンビニ店員のような一般的なアルバイトで働いていては収入が間に合わないケースもあります。

勉強したいから風俗で働く

その点、たとえばコンビニ店員のバイトを20時間して得られるお金を、風俗の仕事ならわずか4、5時間で手に入れることができます。
そして、その空いた時間を学生本来の勉強する時間に充てることができるのです。
風俗で働く女子大生などいい加減なヤツに違いないと考えている人も少なくないかと思いますが、実は勉強をしたいがために効率よく収入を得る手段として風俗の仕事をしている真面目な女性が多いのです。
学業を続けるためにはこの道しかなかった、そんな女の子が風俗の仕事をするケースが最近は増えているのです。
実際、毎年5月くらいになると風俗求人の広告を見て女性大生が応募することが多いといいます。

関連する記事

Copyright(C)2016 風俗で働く女性が増えている理由 All Rights Reserved.