風俗で働く女性が増えている理由

最近では風俗で働く女性が増えています。女性は風俗のどういう面で魅力を感じるのでしょうか? - 風俗で働きたい女子大生

風俗で働きたい女子大生

風俗で働きたい女子大生
数年前になりますが、女子高生に「将来就きたい職業」を訊ねたところ、キャバクラ嬢が第一位になったという衝撃的なアンケート結果が報告されたのを覚えている人も少なくないでしょう。

風俗を選ぶ理由

それだけでもショッキングな出来事ですが、実は最近の若い女性はキャバクラではなく風俗の仕事を選ぶケースが増えているといいます。
そしてその理由とは、キャバクラよりも手っ取り早くたくさん稼げるからというのです。
日本人もそこまでセックスにオープンになったのかと感心するか、またはそこまで貞操観念がなくなってしまったかと嘆くかはそれぞれですが、今の若い女性にとって風俗業というのは「おいしい仕事」というイメージなのかもしれません。
実際に風俗求人に応募してくる女性は増加傾向にありますし、AV女優も昔は繁華街などでスカウトされてデビューというケースがほとんどでしたが今や女の子からAV会社に応募や売り込みをしてくるといいます。

効率のいいバイト

特に女子大生が風俗の仕事をするケースが増えているのです。
文部科学省による調査では、大学生の7割が何らかのアルバイトをしているそうです。
不景気なご時世ですから親としても仕送りは生活費だけで精一杯、自分の遊びの分はアルバイトで稼ぐのでしょう。
学生生活を謳歌するとなると、時間とお金が必要です。
学生のアルバイトといえばコンビニ店員などが定番ですが、稼げる金額はある程度決まってしまいます。
それに引き換え風俗の仕事ならコンビニ店員の数倍を短時間で手に入れることも可能、つまり短時間でよりたくさん稼ぐことができるので勉強も遊びもしっかりと充実させることができるというわけです。
風俗という仕事に対して割り切った考え方ができるのが、今の若い女性なのです。
割り切って考えれば、これほど効率よく稼げるアルバイトはありませんからね。
こんな事情から今、風俗で働く女性、それも女子大生が増えているのです。

関連する記事

Copyright(C)2016 風俗で働く女性が増えている理由 All Rights Reserved.