風俗で働く女性が増えている理由

最近では風俗で働く女性が増えています。女性は風俗のどういう面で魅力を感じるのでしょうか? - 風俗で働く女性が増えている理由

新着情報

▶2016/06/06
風俗で働く女性が増えている理由の情報を更新しました。
▶2016/05/30
会社プロフィールの情報を更新しました。
▶2016/05/30
風俗で働くメリットの情報を更新しました。
▶2016/05/30
風俗で働きたい女子大生の情報を更新しました。
▶2016/05/30
真面目な女の子が風俗で働いているの情報を更新しました。

風俗で働く女性が増えている理由

風俗で働く女性が増えている理由
日本全国津々浦々に風俗のお店は存在しています。
そんな各地の風俗業の特徴を紹介しましょう。

北海道から中部地方の風俗

まず、北は北海道の風俗事情です。
北海道の風俗地帯というとやはりススキノがよく知られています。
1キロ以上に亘るエリアに立ち並ぶビルの中にいくつもの風俗店のテナントが入っているのがススキノの特徴です。
また、風俗嬢の質やレベルの高さ、リーズナブルさにきっと東京から来た男性は驚くに違いありません。
その東京ですが、店舗数は日本一といっても間違いはないでしょう。
東京の風俗街というと新宿歌舞伎町がすぐに頭に浮かびますが、ここにあるビルはほとんどが風俗店といっても過言ではないほどです。
さらに日本一のソープ街として有名な吉原があります。
関東と関西の中間に位置する愛知県名古屋市には繁華街が多く、そこにはもちろんたくさんの風俗店が立ち並んでいます。
名古屋の風俗店は値段が安いので驚く人もいるかもしれませんが、気を付けなければならないことがあります。
それは「入場料」と称して2000円程度の料金が価格に上乗せされるお店が多いという点です。
名古屋からほど近い岐阜には「金津園」と呼ばれる東京の吉原に次ぐソープ街があり、西日本最大といわれています。

関西から九州の風俗

関西での風俗といえばやはり大阪が挙げられます。
大阪ではミナミやキタが主な繁華街で、このあたりに風俗店は集まっていますが、その他にもいくつかの地域に風俗店は点在しています。
大阪でメインとなる風俗業はファッションヘルスとデリバリーヘルスです。
大阪以外にも神戸の福原や三ノ宮、京都の祇園や河原町、滋賀県にはソープ街として知られる雄琴があります。
激戦区ということもあって関西の風俗のレベルは高く、風俗嬢の質も高いとされています。
九州の風俗地域というと、福岡(博多・中洲)を忘れるわけにはいきません。
特に中州は九州随一の風俗街として、九州全土からお客さんがやってくるといわれます。
キャバクラからファッションヘルス、デリバリーヘルス、ピンサロなどありとあらゆる風俗店が揃っているのが特徴です。
値段は東京や大阪と比べて2,000〜3,000円ほど安いといわれ、その一方風俗嬢のレベルは非常に高いとされます。
安いからといってサービスがよくないということもなく、きちんとしたサービスが提供されるので、まさに男性天国といえるのではないでしょうか。

なぜ風俗で働く女性が増えているの?

gbfrhsr
ところで、近年風俗で働く女性が増えており、それに伴い風俗求人の数も増加しているといわれています。
その理由の一つとして考えられるのが、お店の多様化が挙げられます。
昔の風俗といえば、ソープランドやヘルス、ピンサロなどが頭に浮かびます。
しかし、近年は男性がオナニーをしているのをただ見るだけの「オナクラ」や手でオナニーの手助けをするだけや性感マッサージといった「ソフト」な風俗サービスが次々と出現しています。
男性の前で裸になったり身体を触られたりキスをされることに抵抗がある女性でも「これくらいならできるかも」と始めるケースが増えているのです。
また、昔は特別なマニアだけの対象であった熟女やぽっちゃりやそれ以上のデブ、さらにはブサイクといったさまざまなコンプレックスのある女性でも、それを好んでくれる「フェチ」といわれるお客さんが増えてきているという背景もあります。
「熟女専」「デブ専」「ブス専」などと、それ専用の風俗店も人気が高いのです。
このようにサービス面でもお客さんである男性の考え方においても多様化傾向となり、どんな女性でも受け入れられ働きやすくなっているのです。
そして何より一般的な仕事よりも高い報酬が期待できる点が、風俗で働く女性が増えている一番の理由なのです。

風俗求人サイト紹介

福岡県の風俗求人情報【博多・中州】

Copyright(C)2016 風俗で働く女性が増えている理由 All Rights Reserved.